ドッグマッサージ 子犬からシニア犬まで、獣医の知識を含めて、心と体のケアをお手伝いします。

プラン

プラン

シニアのわんちゃんへのご提案

Ken

☆ 年をとってきたから、今後のためにお願いしようかしら、という場合は、1ヶ月に1回のペースでよいかと思います。

☆ 歩き方がぎくしゃくとしていて、筋肉が落ち始めている、ということであれば、2週間に1回のペースが理想かと思いますが、無理のない形をご相談いただければと思います。

☆寝たきりになる前に、もしくは寝たきりになってしまったわんちゃんにマッサージをしてみませんか。体の痛みによって寝たきりになってしまう場合もありますので、起き上がれるようになるかも知れません。トライする価値はあります。

病院にかかっているわんこへのご提案

   軽度であれば、1ヶ月に1度のペースをご提案します。
   重度であれば、1ヶ月に2度のペースをご提案します。

元気なわんちゃんの体のメンテナンス

画像の説明

椎間板ヘルニアになりやすい犬種のわんちゃんや、       そのほかの筋骨格系や神経の病気を予防するために、      いかがでしょうか?
自身の経験ですと、骨や関節に症状がでるまでに、       筋肉がぎりぎりまでがんばっていて、いよいよ支えきれない   ところまできたときに障害がおきてしまうように思います。   普段よりメンテナンスをするだけでも変わってくるかと     思います。
1〜2ヶ月に1度のペースはいかがでしょうか?

最近、切に思うのが、マッサージというのは終わりがない、ということです。続けていただくと体のバランスが整い、元気な状態を保つことができます。誤解をおそれずに言ってしまえば、食事をしたり、排泄をするぐらい、体のメンテナンスが日常の一部になることが、望ましい、と思っています。

  

a:4558 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.07
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional